人文字でアクション!

2008年7月、北京オリンピック開幕を前に、何千人ものアムネスティのサポーターが、「サークル・アップ・ナウ」という団体と協力して、20地域以上で人文字アクションを実施しました。これらの人文字は、「目に見える嘆願書」として、中国政府が公約した人権状況の改善を呼びかけるものとなりました。「自由、尊厳、正義」いずれかの言葉を人文字で表現しています。

カテゴリー: ビデオメッセージ   パーマリンク