安野 光雅


あんの みつまさ
1926年生まれ。画家、装幀家、絵本作家。主な著書に、『ふしぎなえ』、『繪本平家物語』、『天動説の絵本』、『空想の絵本』、『ABCの本』、『旅の絵本』、『算私語録』、『空想工房』、『空想書房』、『わが友 石頭計算機』(『石頭コンピュータ』としてリメイクされている)など。津和野町に作品を収めた「安野光雅美術館」が開館。芸術選奨文部大臣新人賞、など受賞多数。1984年からアムネスティのクリスマスカード制作のために作品を提供。アムネスティ・アートひろばのイラストはNHK出版「昔の子どもたち」「ついきのうのこと」より。

カテゴリー: ポストカード   パーマリンク